墓じまいの基礎知識

お墓処分の墓じまい業者を選ぶ際の注意点について知ろう!!

 

墓じまいを検討されている方も、業者選びに迷ってしまいますよね。ここでは、近年墓じまいが急増している理由と共に、業者選びのポイントについてお届けします。

 

 

墓じまいとは?

墓じまいと言うのは、お墓を継ぐ人がいない方、現在お墓の継承者が遠方在住でお墓参りができない方等、様々な理由によって使用者近隣の霊園や永代供養墓等へ御遺骨を移して、お墓を解体・撤去する事を指します。近年、日本は少子化・過疎化の影響で、お墓を継ぐ遺族や親族がいない方、都市部移住でお墓参りが困難になった方、お寺に収める檀家料や寄付等の負担を無くしたい方、費用や労力の負担が軽い供養に切り替えたい方等、色々な理由を抱えている方がいます。
このように、先祖代々受け継いだお墓が無縁墓になってしまう事を避ける為に、墓じまいを考えている方が増え始めています。但し、墓じまいは遺族や親族の承諾が必要であったり、業者や行政への申し出や手続きを行ったり、労力的負担もあり、つい墓じまいの手続きを先送りにしたり、躊躇してしまったりする継承者は実際沢山います。特に、お墓の継承者が高齢の場合には、墓じまいを行う事自体を断念してしまう事も実は少なくないのです。

 

 

墓じまいを行う人が急増している背景とは?

墓じまいをして永代供養にする方が急増している
近年、墓じまいをしてご先祖様を永代供養する方が急増しています。墓石業界の傾向を見ても、新たにお墓を建てるよりお墓を撤去する仕事の方が最近は多くなっています。また、現代では色々なお寺で、永代供養墓や納骨堂を設置している所が増えています。それだけ現代におけるお墓事情では、墓じまいの需要があると言う事が分かります。お墓には、ご先祖様の魂が込められていますし、その中には大切な御遺骨が納められています。お墓を撤去する事無く将来まで維持できれば一番良いですが、色々な諸事情で墓じまいに踏み切る方は多くなっています。
このように、先祖様のお墓で管理に悩んでいる方は世の中に沢山います。しかし、墓じまいをすると言う事は、決して自分のご先祖様に粗末に扱っている訳ではありません。やがて、無縁墓になってしまうお墓を自分が元気な間に片付けておく事は、将来的にも参拝しやすい環境を今から整えておく事ができます。


核家族化で親子が別の場所で生活している
現代の日本は核家族化で、親子が別々の場所で生活している環境は当たり前です。両親は地方、自分は他県にいる、子供は海外に住んでいる、このような家族構成も現代では珍しい事ではありません。その為、例えば祖父母やご先祖様が祀られているお墓が地方の故郷にある場合、お墓参りに行くと言う事自体が中々難しいものです。自分の大事なご先祖様に手を合わせたいと言う気持ちはあっても、遠方でお墓参りに行けずに過ごしてしまう事もよくあります。
しかし、そのように歳月が大きく経ってしまうと、お墓参りに行けない期間にお墓に雑草が生えたり、墓石が汚れてしまったり、墓地全体が荒れてしまいますよね。このように現代では、多くの方が中々お参りに行けない事で、荒れてしまったお墓の事を懸念しています。先祖代々守ってきたお墓なので、将来の事を考えて故郷のお墓を撤去し、自分達の住まいの近くで手を合わせられる場所を設けたいと思っている方が増えています。


単身世帯が増えお墓を管理できる人がいない
現在は生活スタイルも多様化しており、結婚しない方、結婚しても子供は作らない方等、生活に対する価値観も色々広くなっています。その為、昔に比べて単身世帯が増え、自分自身の最期を自分で考えなければならない方も増えています。このような背景を受けて、両親が守ってきたお墓を自分が元気な間に撤去分して、お寺に永代供養をしてもらう選択肢は、今の時代はごく自然な流れとなっています。自分の亡き後の供養についても、お寺に任せる事ができる為、無縁墓にならずに済むと言うのも、お寺だからこその安心感になっています。


少子化で子供への負担が重い
現代は少子化でもあり、弔いをする上では少子化は大きな問題でもあります。日本社会では未だに女性が男性の家に嫁いで、家の墓を継ぐという考え方が根強くあります。一昔前までは、家庭において子供数が6人と言うのも当たり前だったので、長男が家族のお墓を継ぐ事ができました。しかし、現代ではただでさえ少子化で子供が少ない上、特に女姉妹の場合、男性の家に嫁ぐという日本の考え方に従うとなると、必然的にその家は絶えてしまい無縁墓になってしまうと言う状況が生まれてしまいます。


死生観や供養に対する多様化
現代の様々な社会構造変化で、死生観や弔い方の価値観も大きく変わってきています。子供や孫がいる家庭では、子孫を土地に縛りたくないと言う両親の想いから、敢えてお墓を撤去する世帯もある等、実にお墓に対する考え方は多様化しています。また、特に個別で墓地を持たずとも、いつでもお墓に行って手を合わせられると言う理由から、永代供養にする世帯も増えてきています。最近では、こうしたご先祖様の供養の多様化に伴って、墓石を持たない樹木葬や納骨堂等もお墓に選ばれています。また、埋葬せずに散骨や宇宙葬を行う等、御遺骨の新たな供養方法も登場してきています。

 

墓じまい業者を選ぶポイントとは?

 

墓石の解体・撤去費用
墓じまいの中で一番負担が大きい事は、お墓の解体・撤去費用と、更地化にかかる費用です。元のお墓面積に費用は依存しているので、掲示単位面積あたりの費用と、現在使用中のお墓面積を掛けた金額が、サービス費用になっています。また面積単位は、平方メートル或いは坪で掲示しており、墓所一坪と言うのは、住宅一坪の半分である事も念頭に置いておく事も大切なポイントです。


永代供養墓の利用可否
新しいお墓にご先祖様の御遺骨を移す事が前提の場合、特にこれと言った問題はありません。しかし、墓じまいをしようと思っている方の大半は、その後のお墓の跡継ぎを必要としない永代供養を選択する方は多いです。弊社では、御遺骨の納骨先である永代供養合祀墓や永代供養納骨堂のご紹介もさせていただいております。今後のお墓の跡継ぎを配慮し、墓じまいを望んでいる方であれば、永代供養墓や納骨堂を利用する事で、労力や費用等色々な負担を軽減する事ができます。


法要手配サービスの有無
墓じまいと言うのは、お墓から御遺骨を取り出して、お墓を解体・撤去するだけの作業ではありません。基本的に、今まで使用していたお墓への閉眼・魂抜き法要を行い供養します。また、この供養を行うにあたり、僧侶に墓の供養をお願いしなければなりません。当サイトを運営する株式会社 美匠は、供養のサポート体制が充実しており、独自のネットワークで手元供養・永代供養合祀墓・永代供養納骨堂・海洋散骨・樹木葬等、色々な依頼者のご要望に応える事ができます。自分で僧侶の手配や費用の負担を減らす対策としても、法要手配も行える業者選択はメリットが高いです。


墓じまいをする良さとは?
墓じまいを行う際には、多大な労力に加えて、墓じまいにかかる費用負担も大きいので、これらの解決手段には、墓じまいの代行サービス活用はとても有用です。日本人の多くは仏教に対しての信仰が厚いですし、昔は先祖代々受け継がれたお墓を解体・撤去する事にも抵抗感を持っている方もいましたが、現代は供養に対する価値観も大きく変わりました。墓じまいの決断をされて、取り組まれる世帯が増加しています。現在、お墓の管理に関してお悩みであれば、お手軽に墓じまいを代行してくれる、墓じまい代行サービスを利用してみませんか。

前のページにもどる